会社や事業所の引越しの注意点とは?

会社や事業所の引越しの注意点とは?

会社や事業所の引越しの注意点とは?

引越しをするのは住居だけではありません。
もちろん引越し需要の大半は住宅から住宅への引越しですが、会社など事業所の引越しというのも相当数あります。
日本全国にこれだけたくさんの会社があるのですから、その会社が引っ越す時には必ずどこかの引越し業者に依頼する必要があります。
もちろん会社は社員がたくさん居るわけですから、自分たちの手で引越しを完了させることも可能です。
ですが会社は仕事をするところであって、引越しをしている間にも仕事は動いています。
人手はあっても、仕事が止まってしまうことを避けるために引越し業者に依頼するというケースは多いようです。
住宅の引越しの場合は家財道具におおよそのパターンがあります。
多少の差はあるものの、そんなに変わったものを置いている家はありませんから、引越しのノウハウに変化はありません。
ですがオフィスの引越しとなると、その会社が何の仕事をしているかによって運ぶ荷物も大きく変わってきます。
これは実際にあったディスプレイ会社での話です。
ディスプレイ会社というのは百貨店やファッション関係のお店において、新作の服をショーウィンドウに飾るための飾りつけやセッティングを行う会社です。
商売道具はマネキンやボディハンガーといった、人形のようなものが多く、この会社の引越しには大変な手間を要したようです。
というのも、マネキンというのはFRPというプラスティックで出来ているのですが、これは倒してしまったりすると割れてしまう脆いものです。
これを壊さないために、通常よりもトラックの台数が多く必要となり、人手もたくさん必要になったために引越し料金が高くなってしまったとそうです。
ソフトウェア開発やインターネット関連の会社ではパソコンが商売道具です。
社員の数よりもパソコンのほうが多いとも言われる業界ですから、引越しの荷物はこの大切なパソコンがメインになります。

運び出すときはいいのですが、運び込んだ先でのLAN構築や配線は相当な手間となります。
これらの会社の場合は、社員のほとんどがパソコンのプロなのですから引越し業者にとっての負担ではありませんが。
これも一部の会社で見受けられることなのですが、会社というのは商売をする場所なので、経営者の中には縁起を担ぐ人が多く居ます。
そのため、物入れや家具類の配置に着いて独特のこだわりを持っていることがあります。
それゆえに難しい場所に物を置くことになったりするので、こういうケースの場合は引っ越し屋泣かせだという話を聞いたことがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ