引越し挨拶のマナーって?

引越し挨拶のマナーって?

引越し挨拶のマナーって?

引越しが決まったら忘れてはいけないのが、挨拶です。
都会に住んでいると、ご近所との付き合いなども希薄になりがちですが、引越しの挨拶はしっかりとしておくことが大切です。
近所だけでなくお世話になった人たちや会社、学校関係など、今までお付き合いのあった人たちへの挨拶は忘れてはいけません。
特に遠くに引っ越す場合などは、きちんとした挨拶をしておくことが大切です。
引越しの際の挨拶は、荷物を出す1〜2日前にするのをお勧めします。
引越しの時に迷惑をかけることもありますので、引越しの挨拶と同時に前もって断っておくといいですね。
住んでいた家が1戸建ての場合は、左右隣と前後の家には挨拶しておくべきでしょう。
マンションの場合は、両隣と上下の家への挨拶は不可欠です。
また、もう1つ忘れてはいけないのが引っ越し先での挨拶回りでしょう。
これから新しい生活を始めるに当って、今後どんな時に周囲の人たちにお世話になるかもわかりません。
きちんと挨拶をしておくことは、いざという時にもとても役立ちます。
新居での挨拶回りは、ちょっとした記念の品を持っていくことが多いようです。
例えばタオルや洗剤がよい例ですね。
高価な物ではなく、相手にも気を使わせない500〜1000円程度の金額のものが無難です。
のし紙に名前を入れておけば、相手が不在の時でも便利です。
新しい家の近所に住む人がどんな人なのかを知ることは、防犯の上でも役に立ちます。

相手にしてみても、どんな人が引っ越してくるのか気になるところでしょう。
また、社宅のような会社関係の挨拶回りは、できるだけ満遍なく行うことが重要です。
これからの仕事にも影響してきますので、実用品などの記念品を持参して、すべての人に同じように挨拶をしましょう。
会社関係の引越しの情報は、回るのも早いものです。
抜かりのないようにいきたいですね。
せめて引越ししてきた当日か翌日には終わらせるのが理想的です。
最近は世知辛い世の中になりましたが、こういった習慣は残していきたいものですね。
こうして引越しの際にきちんと挨拶をしておけば、初めての土地でも堂々と生活していけるでしょう。
少しの手間で、暮らしやすさが全然違うことを忘れてはいけません。
これからお付き合いするであろう人たちへの引越しの挨拶回りは、最低限のマナーだと思っておくことが大切です。
困った時のトラブル対処のためにも、周囲の人との連携をとれることは大変重要なことなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ