引越し後、すぐに部屋の確認をしないとダメ?

引越し後、すぐに部屋の確認をしないとダメ?

引越し後、すぐに部屋の確認をしないとダメ?

引越し後の部屋の確認はとても大切です。
入居前に部屋の確認をしておくことで、敷金のトラブルを防ぐことができます。
敷金は平均して家賃の約2ヶ月分の金額です。
退去する時に住んでいた人が負担するべき修繕費を差し引いた金額が本人に戻ってきます。
キレイに使えば使うほど負担額は少なくなりますし、少しでも多く返ってくると嬉しいですよね。
入居前に部屋の確認をしておくことで、いずれその部屋を退去することになった場合に、自分が支払った敷金で入居前からあった傷や汚れを修繕されるのを防ぐことができるでしょう。
自分がつけた傷や汚れではないことを証明することで、退去時に返ってくる敷金が多くなります。
できることなら、引越しの日の前日までに確認しておくのがベストですが、遅くても引越し当日の荷物を運ぶ前までには新居の状態の確認をしておいてください。
事前に写真を撮っておくことで、退去時の対策にもなりますし、引越し業者が搬入の際に床や壁に傷をつけた場合にも、引越し業者に補償してもらえます。
具体的なチェック項目としては、壁や床の大きな傷や汚れ、はがれなどです。
不動産によってはチェックシートを事前に用意してくれるところもありますが、文字だけでの証明よりも日付入りの写真を撮っておくことで、より強力な証拠となります。
古い物件であればあるほど、しっかりと確認を行う必要があるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ