引越しハガキ、挨拶状はいつ出す?内容は?

引越しハガキ、挨拶状はいつ出す?内容は?

引越しハガキ、挨拶状はいつ出す?内容は?

引越しをした時には、引越しハガキ、挨拶状を出すことが一般的だと言われています。
引越しハガキ、挨拶状はお世話になっている方や仕事関係の方をはじめ、毎年、年賀状をやり取りしている方に出し、引越ししたことをお知らせするとよいでしょう。
引越しハガキ、挨拶状を出す時期は、引越しが落ち着いてから遅くても半年以内に出すのが礼儀だと言われていますので、引越し後には忘れないように用意しなくてはいけません。
もし、引越しハガキや挨拶状を出すのが遅れてしまった場合には、年賀状に引越しした旨を一言添える形で報告しても問題ないでしょう。
また、引越しハガキ、挨拶状の内容としては、まず、新住所と連絡先をしっかりと記載することが大切です。
新住所や連絡先と合わせて、引越しの理由を転勤の為とか同居の為とか、子供の成長に合わせてといったように簡単に添えるのもよいかもしれません。
親しい相手への引越しハガキ、案内状であれば、転居先の住まいの様子や、近隣の様子などを少し書き添えるだけで、より丁寧な挨拶状となるのではないでしょうか。
他にも、引越しをした時期や近況を報告するのもよいですよ。
目上の方などへの挨拶状は、季語を使って丁寧な文章のものにするとよいでしょう。
どんな場合でも、引越しハガキ、挨拶状を出す際には、引越し前にいただいた厚情に感謝をし、今後も引き続いて親交をいただきたいという気持ちを込めて書くことが大切だと考えられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ