引越し時の急なトラブルどうする?(雨やものを壊されたなど)

引越し時の急なトラブルどうする?(雨やものを壊されたなど)

引越し時の急なトラブルどうする?(雨やものを壊されたなど)

引越しの時には、急なトラブルへの対応を余儀なくされることも少なくありません。
中でも困るのが、引越し当日が雨になってしまった場合ですね。
体はもちろん、家財道具も濡れてしまいますし、移動や運搬などに予定時間以上の時間がかかってしまう可能性も高くなります。
でも、雨だからといって、その日の引越しが延期されるわけではありません。
どんなにどしゃぶりでも、天災レベルにならない限り、引越し業者側から延期やキャンセルできないという決まり(標準引越運送約款)があるためです。
余程ひどい暴風雨でもない限り、引越し業者側から延期を提案してくることはないでしょう。
どうしても、引越しの延期や中止をしたいのであれば、「お客様都合による延期・キャンセル」という形で処理されます。
引越し業者によっては、特に費用がかからずに延期できることもありますが、キャンセル料などの支払い義務が生じることがほとんどです。
費用がかからず延期できる場合でも、明日すぐというわけにはいかないことが多いでしょう。
特に梅雨や台風の時期などは、予め雨対策をして荷造りしておいた方がいいですよ。
また、まれに家財道具に傷をつけられた、荷物が紛失したなどのトラブルが起こることもあります。
いくら引越しのプロであっても、荷物事故の可能性はゼロではありません。
もし、引越し作業中の破損・紛失があった場合は、速やかに営業マンや引越し業者の事故係、クレーム係に連絡しましょう。
大抵の場合は、修理や代替品、同等の金銭によって補償してくれます。
引越し完了後に気が付いた場合でも、分かった時点で連絡した方がいいですね。
ほとんどの業者が3ヶ月以内を補償期間に定めていますが、時間の経過とともに証明しにくくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ