引越し先で騒音に悩まされる場合はどうする?

引越し先で騒音に悩まされる場合はどうする?

引越し先で騒音に悩まされる場合はどうする?

マンションやアパートなどの集合住宅のトラブルで、常に上位を占めているのが騒音問題です。
家の中で起こる騒音と家の外からの騒音がありますが、そんな騒音の対策をあげていきます。
騒音は不動産や大家さんに相談しがちな問題ですが、意外にも自治体によって条例で規制されているのです。
引越し先で騒音に悩むことがあれば、自治体に相談してみましょう。
職員の方が調査をしてくれて、騒音の発生源に伝えてくれます。
測定機器を使用して調査してくれることもありますが、騒音の基準を超えていても超えていなくても、騒音の発生源に対して指導やお願いをしてくれるでしょう。
一言で騒音問題といっても、その発生源としては様々なケースが想定されます。
工事の騒音・電車や飛行機などの騒音・飲食店やカラオケBOXの騒音・自動車のエンジン音といった発生源が外部からの騒音の方が多いかもしれません。
個人と個人の間のことに思われがちな生活騒音を指導をしてくれる自治体もあります。
例をあげると、上の階の子供の飛びはねる音がうるさかったり、隣で飼っている犬の鳴き声がうるさい場合などですね。
ただ、個人的問題であることには変わりないので強い指導ではなく、軽く注意を促す程度でしょう。
騒音は家の構造などでも感じ方が変わってきます。
自分でできる簡単な騒音対策として、床に厚めのベニア板を敷いたり、コルクマットを敷くことで足音などの騒音を防げますし、窓を二重にすれば外からの音も聞こえにくくなります。
まずは、引越しをする前に不動産に周囲の環境や近隣住民のことを確認しておくのが一番の対策です。
さらに、自分で周辺を散歩してみたり、朝と夜での環境の違いなどを調べておくと、騒音に悩まされることなく快適な生活を送れるのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ