引越しの見積もりは早めに

引越しの見積もりは早めに

引越しの見積もりは早めに

引越しは家族が大人数になる程大変なものですが、費用については条件によって各社でかなり異なる場合がありますから、必ず数社の見積もりを取るようにした方がいいと思います。
又、多くの人が引越しは専門業者に依頼すると思いますが、単に引越会社といってもその数は非常に多く、例え同価格の見積もりであっても実際のサービスや補償が違う場合もあるので、最終的にどの業者を選択すればいいのかは非常に難しいのが現実のようです。
ここではそんな依頼する際のポイントや、見積もりの依頼時に必要な事項などを説明したいと思います。
まずタイミングについてですが、引越し業者の選定は期日に余裕を持って早めにすることが大切です。
1人暮らしの場合なら、引越しの約1ヶ月前から、遅くても2週間前位までに決めればいいかと思いますが、家族での引越しならば、約2ヶ月前から遅くても3週間位前までには決めたほうが後であわてずに荷造り準備などができるはずです。
価格的にもその方が有利で、なぜなら見積もり依頼が遅くなればなる程、こちらの希望日に対して引越し会社のスケジュールが埋まり、最適なトラックが空いてなかったり、人手が不足だったりして、引越し会社の選択肢はどんどん減ってしまうからです。
その結果、料金が高い引越し会社に依頼するしかなかったという話しもしばしば耳にします。
特に2、3、4月は引越し会社の繁忙期ですから、この時期に引越する方は早めの依頼が必要です。
更に、こちらの引越し希望日を1日だけに限定するより、少なくとも2日は選べるようにしておいたほうが、より柔軟な会社の選択ができ、料金も安くなる可能性があります。
逆に仕事の都合で指定の1日でなければ引越しできない時は、とにかく早めの見積もりを依頼が重要だということです。
さて実際の見積もりの依頼ですが、最近はインターネットで簡単に各引越し業者の見積もりが取れるようになっていて便利なのですが、これらの見積もりはこちらが出す最低限の情報だけで値段を出していますから正確な数字とはいえません。
従って、インターネットでの各社一括見積もりの中から、候補となる3社程度は実際に自宅に来てもらって、正確な見積もりをしてもらう必要があります。
その後最終的な決定については、付加サービスや信頼感なども加味して行えばいいでしょう。
引っ越し会社の営業作戦で、来訪時にサービスとして日用品やダンボールなどを進呈して置いていこうとする引っ越し会社があります。
こうなるとこの会社を断りにくくなってしまうわけで、見積もり比較の意味がぼやけてしまいますから、これは丁重にお断わりして、最終的に決定した場合に持ってきてくれるようはっきり意思表示することが大切です。
見積もりの際の確認事項として、電化製品の梱包やエアコンの取り外し、荷造りはどのレベルまで自分たちが行うのか、などは明確にしておく必要があり、そうでないと追加費用が発生して予定が狂うこともありますから注意してください。


ホーム RSS購読 サイトマップ