引越しにかかる料金って何がある?

引越しにかかる料金って何がある?

引越しにかかる料金って何がある?

引越しにかかる料金は意外に知られていません。
もちろん荷物がそれほど多くなければ、大きめの車を友人に借りるなりレンタカーで用意するなりすれば引越しの料金は安くあがるのですが、家具や荷物が多いとそうも言っていられません。
新しい生活を始めるにあたって引越しというのは一台事業なので、料金がどうのと言いたくはないのですが、やはり最初が肝心なので引越しの料金はできるだけ安くお得に済ませたいところです。
けれども引越しはそんなに頻繁にする訳ではないし、料金もどこがお得なのかよくわからないという方は意外に多いのではないかと思います。
それでインターネットで最初にヒットしたところや街角で見かけた看板などに電話をしてちょっと損をしてしまい、後で考えてあーすればよかったと後悔してしまう、そんなことがないようにしたいですよね。
では引越しには一体いくらぐらい費用がかかるのでしょうか。
料金を決める2つの要素は「荷物の多さ」と「距離」のようです。
引越しの料金を決めるあるサイトでは「トラックの大きさ」「距離」「人件費」と3つの要素をあげていますが、引越しをする当人にとってみれば影響するのはその中の2つ、人件費とトラックの大きさを決定する荷物の多さと、それから引越し先までの距離です。
引越し先までの距離は、各人色々な理由があって引越しをするので動かせないことが多いです。
今住んでいるところから近い方がお得ですが、わざわざ近くに引っ越したくないという方もいるでしょうし、会社の都合で引っ越すとなれば場所は選べません。
となると影響してくるのは「荷物の量」です。
今ある荷物の量を減らすのは確かに容易ではありませんが、簡単な方法があります。
それは必要なものは現地で調達するという方法です。
つまり引越し先で手に入るものは置いて行くなり処分してしまえば荷物は少なくなります。
勿論テレビなどの家電や高い衣服などを捨ててしまうと新しく調達するのにお金がかかりすぎるので別ですが、安物のソファーやベッドなどは思い切って買い替えるというのも1つの方法ではあります。
また業者によっては時間や引越し日によっては料金を下げているところもあります。

特に引越しをする人が集中する3月4月は料金が高くなるので注意が必要です。
また時間帯は時間が遅くなればなるほど安くなる傾向にあるので、そこを集中的に狙うと良いと思います。
基本的な荷物の量を減らし、日にちや時間帯を選ぶだけで料金は格段に下がります。
引越しの料金でお悩みの方は是非試してみてください。

引越しにかかる料金って何がある?関連ページ

引越し準備はまず何をする?
引越しの見積もりは早めに

ホーム RSS購読 サイトマップ