退去後の家はどれだけ掃除しないといけないの?

退去後の家はどれだけ掃除しないといけないの?

退去後の家はどれだけ掃除しないといけないの?

引越しにあたって、それまで住んでいた部屋を掃除するのは当然のことですね。
今まで住んでいたことのお礼も含めて、なるべくきれいに掃除をしたいもの。
また、戻ってくる敷金にも影響があるのだからなおさらです。
賃貸契約書などには、退出に際して部屋は原状復帰にて明け渡すこと、となっています。
しかし、原状復帰と言っても住んでいれば経年劣化は避けられません。
そのような汚れなどは借主に責任はないのですが、なるべくきれいにして、気持ちよく退去した方がいいのは言うまでもありませんね。
では、掃除はどのくらいすればいいのでしょうか。
特に注意すべき場所には、キッチン、お風呂、トイレ、床などがあります。
キッチンやシンクの汚れは、水垢や油汚れなどなかなか落ちにくいので、専用の強力な洗剤を用意し、念入りに行うことです。
完全に落ちきらないところは仕方ありませんが、できるだけ落とすようにしましょう。
お風呂場も汚れが落ちにくい箇所です。
黒ずんで落ちにくい汚れは、カビ取り剤をつけ置きするなどして落とすようにします。
トイレで汚れが目立つのは、便器の内側の黄ばみや黒ずみですが、漂白剤をたらしてしばらく置いておくと結構落ちるので、引越し当日というより前日くらいまでにすることをオススメ。
水回りがきれいになれば、あとはそれほど問題はありません。
部屋はすみずみまで掃除機をかけ、壁やクロスの傷などは補修剤などで修理。
ヤニなどの汚れは、洗剤を吹きかけてきれいに落とします。

床に雑巾をかけ、窓もきちんと磨き、ついでにベランダの掃除もするといいですね。
退去する部屋の掃除は、手際よくすることが大事。
後のスケジュールのことも考え、効率よく掃除をするようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ