引越し業者の選び方のコツ・料金体系

引越し業者の選び方のコツ・料金体系

引越し業者の選び方のコツって?

引越し業者を選ぶ際には、どうしてもテレビのCM等の影響からか、大手の引越し会社から検討する人が多いように思われます。
でも、本当にそれでいいのでしょうか。
引越し業者の選び方に、コツのようなものはないのでしょうか。
まず、引越しが決まったら、引越し業者に見積もりをお願いすると思いますが、その際には必ず数社から見積もりを取るようにしましょう。
見積もりを取る時には、ネットで一括して複数の引っ越し業者の見積もりをしてくれるサイト等を利用するととても便利です。
そこから、対応が丁寧な業者や料金が安い業者を数社選んで、実際に荷物を見てもらって細かい見積もりを取ると良いでしょう。
また、いくら引越し料金が安くても、作業員の人数が少なかったのでは引越し作業に思った以上の時間が掛かりますし、アルバイトばかりでは荷物の包み方も雑になる可能性があります。
見積もりの際には、細かいところまでチェックを入れて、よく話を聞く事が大切です。
それに、引越しの荷物の中に高価な美術品や壊れやすい物が含まれている場合には、運搬技術がしっかりとしている大手の引っ越し業者を選んだ方が安心ですし、クレーム対応もきちんとしてくれるでしょう。
反対に、一人暮らしで貴重品がほとんど無いような引越しでしたら、地元密着型の引越し業者や小規模の引越し業者に頼んだ方が、引越し料金も安くなる可能性があり、また様々なサービスを付加してくれる場合もあります。

引越し業者の選び方と料金体系

引越しが決まったら、まずはどこの引越し業者に仕事を頼むのかを決めることから始まります。
別の項でお話ししたように、引越しとはケース・バイ・ケースですから事前に見積りを取ることから始まります。
この見積りというのが引越し業者によって考え方や事情が異なるので同じ引越しであっても見積り内容に差がでることがあります。
それならば少しでも安心して任せられる引越し業者に安くやってもらいたいのが人情です。
ここでは引越しの見積りについてお話しましょう。
引越しは許認可事業だとお話ししました。
許認可事業であるということは、品質保持や健全化のために色々なルールがあります。
引越し事業は許認可を取るために引越約款という業者のルールを国土交通省に提出するのですが、見積りや料金設定はこの引越約款に沿って行われることが義務付けられています。
引越しの見積もりは無料、と引越し業者の広告に書かれています。
テレビコマーシャルでも同様の言葉がよく見られますが、これは嘘ではありません。
引越し業者の営業マンを呼んで見積もってもらう段階なら無料です。
これも引越約款で義務付けられていることなので、安心して見積りをしてもらいましょう。
さて見積りの方法に各社の考え方があるとお話ししましたが、営業マンがその都度どんぶり勘定で決めていいというものではありません。
見積りについても引越約款に記載されている方法で算出する必要があります。
そこから先の値引き交渉などからが、営業マンと依頼者の腕の見せ所です。
引越約款によると、引越し料金は3つの料金に分類されます。

それは以下の通りです。

 

1.基礎運賃・基礎作業料金
いわば引越しの基本料金。
引越し業者はそれぞれ一般的な引越しのケースを想定して、「この範囲内なら基礎料金で可能」という基準を設けています。
この基準は引越しの距離や作業時間を元に設けられています。

 

2.実費
引越し業者の取り分というよりは、実際に必要となる経費のような料金。
引越し作業員の人件費、段ボールやクラフトテープなど引越し用資材の代金、行き先や経路によっては必要となる有料道路やフェリーの料金などが該当します。

 

3.付帯サービス
引越しの内容によって発生したりしなかったりする作業の料金です。
よくあるのはエアコンの取り外しと取り付け。
エアコンは単に外せば良いというものではなく、冷媒が抜けてしまわないように作業する必要があることから、そのための作業が必要となるため、付帯サービスとされていることが多いようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ